自死・自殺に向き合う僧侶の会  自死・自殺に向き合う僧侶の会

前の月 2009年10月  次の月

(2009年10月1日更新)
喫茶去(きっさこ)
前田 宥全 
カプチーノ 大きな欅の木だって
冬になれば葉っぱを落として休んでいる

渡り鳥も 休みながら飛んで行く

私たち人間も たまには重い荷物をおろして
心を休めることがあってもいい


        ※喫茶去(きっさこ) とは
          「ようこそ来られました、まあお茶でもどうぞ」という意味です。


(2009年10月15日更新)
 「月影の いたらぬ里はなけれども
    ながむる人の心にぞすむ」(法然上人)
吉田 健一 
水面の月光  心のセイフティーネットが見当たらない時代です。
 長く先の見えない夜を  うつむきながらひとり彷徨うよりも
  ふと、夜空の月を見上げるが如く足をとめてみませんか。

 すべてを洩らさず照らしてくださる仏の慈悲が
   あなたと歩幅を合わせて寄り添います。

 「あなたのペースで良いのですよ。
   そして、あなたはひとりではありません。」



Copyright (C) 2012 自死・自殺に向き合う僧侶の会 All Rights Reserved