自死・自殺に向き合う僧侶の会  自死・自殺に向き合う僧侶の会

前の月 2015年2月 次の月


  
(2015年2月1日更新)

いつまでも変わらずに
浦上 哲也 
この写真は、あるお寺の境内の、100年前の公衆トイレです。
現代のトイレは、お湯が出て、音が鳴って、フタは自動開閉。
100年後のトイレはどうなっているでしょうか?

しかし、どんなに科学が進歩し便利になっても、
人の悩み苦しみは変わらず存在します。
私たちはいつまでも変わらずに、
その悩み苦しみにそっと寄り添える存在でありたいと願っています。

いつまでも変わらずに
  

  
(2015年2月15日更新)

永遠(とわ)の安楽
色摩 真了 
2月15日は、お釈迦様がこの世を旅立たれた日。
その遺徳をしのび、寺院では「常楽会(涅槃会)」という法要が営まれます。
常楽の「常」は永遠。「楽」は苦しみのない絶対の安楽。

先立たれた私たちの大切な方々も、
お釈迦様と同じように永遠で安楽な存在となり
ずっとずっと、私たちを見守っています。
南無釈迦牟尼仏。
いつまでも変わらずに
  

<
Copyright (C) 2012 自死・自殺に向き合う僧侶の会 All Rights Reserved